読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sayaskinの日記

アトピーと真剣に向き合うと決めた27歳*真の健康を目指して*

私のアトピー歴

物心ついた時からアトピー


でも子供の頃は軽度で、それほど悩んだ覚えはありません。
 
祖父母も両親も姉も、私の家系にはアトピーの人はいません。
母親は花粉症だったり、肌が敏感でたまに湿疹が出ることもあるのでアレルギー体質が遺伝したのでしょうか…。
 
普通の人が読んだら理解出来ないことも多分書いてあります。
でも、アトピーの人からしたら、今までのアトピーレベルや、薬をどれくらい使っていたか、って大事な話ですよね。
もし似てる境遇の人がいたら、共感出来るし、一緒に頑張れるはず。
あと自分自身の記録の為にも。長くなりますがこれまでの経緯を書いていきます。
 
幼稚園〜小学生
手首や手の甲、腕の関節、首などが時々痒くなって、薬を塗って(多分ステロイド、ワセリン)、時々包帯をしてた記憶がある。
でも日常生活には全然支障は無くて、普通の子と同じように、プールや海で遊んだり、バスケもしていたし、他の人達から見たらほとんど気付かれていなかったかと思う。
 
中学生〜高校生
手荒れが酷くなり、指先が乾燥してよく血が出てました。
エレクトーンを習っていたけど、楽譜がよく血だらけになってしまってたのを思い出す。。
人間関係で色々あり、大きなストレスがかかってから、頭皮湿疹に悩まされるように。
とにかく頭皮が痒くて、朝起きたらツユで髪が固まってしまっていたり。
制服に、フケ?皮?が落ちるのが凄く嫌で、よくはらってました。
(これは今も。。頭皮はこの頃よりは良くなったものの、痒くなりやすく、常にカサブタがある状態。この落屑で皮が落ちる現象、アトピーの人ならよく分かると思います。不潔に見られるし本当に嫌ですよね。)
 
腕の関節には、相変わらずよくアトピーは出てましたが、頭皮、腕関節、手、首以外はほとんど症状がなかったので、そんなに真剣に悩んでいなかった。
 
高校生になって、自分で皮膚科に行くようになって、お医者さんに、もっと強い薬を出してくださいと言ってたのを覚えてます。。
今思うとめっちゃ後悔。。
当時は、薬を塗ってれば治ると思っていたし、ステロイドの怖さや副作用を知りもしなかった。
 
大学生
相変わらず季節の変わり目や、夏の汗、冬の乾燥で悪化はするものの、ステロイドで抑え込んでいたおかげで、そんなに酷く炎症しなことは無かったと思う。
 
社会人になってから
少しずつ症状が広がり、頭皮、首、手荒れ、腕の関節、膝裏、乾燥すると脚も痒くなった。
段々とアトピーで悩む時間が増えた。
 
この時、ひとつの転機が起こる。
 
当時お付き合いを始めた男性が、医療関係に勤めていて、病気や健康に詳しかった。
その人は何でも医者に任せるのではなくて、医者の必要無いように病気を予防して健康でいることが大事、という考え方だった。
アトピーのことを打ち明けた時、まさかステロイド塗ってないよね?と言われて、驚いたのを覚えてる。
ステロイド塗ってるとどんどん免疫が下がって身体が弱くなるし、依存性があるから一生薬漬けになるよ。と教えてくれた。
今までアトピーのことで悩んでも、お医者さんや薬を疑ったことは無かった。
治してもらおうって他力本願だった。
この時にハッとしたのを覚えてる。
 
長くなるので、去年〜のことは次の記事に書きます。✏️